所属集团:

  至于娱乐性以至商业性等其余相比盛行的主题材料,笔者感到毛姆等小说家都对那些话题开展过风趣的研究,小编无脸再这之上还说怎么,风乐趣的话还请去看看-

  
看过同期喜欢的(因为是转自己贴吧中的记录,请勿作弄简繁字体难题w),当中囊括小说家,歌手,社会学家,动画编剧等等。

庵野秀明、押井守、小池一夫、古川タク
豊田有恒、舛成孝二、冈田麻木不仁司夫、明贵美加
宫部みゆき、伊藤和典、吾妻ひでお、宫台真司、冲方丁
贵志佑介、堀晃、氷川竜介、ひろゆき 水岛精二 田中ロミオ
山口晃、藤岛康介、椎名高志、志村贵子 
おぎやはぎ、加藤浩次、山里亮太、长嶋自演乙、金奈向、
サンキュータツオ、やさしい雨松崎、ダイノジ大谷、杉作J太郎
ドリカム中村、宫崎哲弥、森永卓郎

关注 19172

意味着作:『スペースオペラ大戦争』『东瀛新神話物語/扶桑武尊SF神話シリーズ』

堀晃(1944生)

日頃テレビを見ないので、連続アニメとして放映された『法力青娥まどか☆マギカ』について正しく評価できるか心許ない気分だったが、DVDで見はじめると、たちまち引き込まれ、六時間を没頭させてくれた。
世界の命運が平凡な市民に託されるという設定はSFでは古典的だが、
本作の骨格はさらに古典的で、主人公は「さやか」であり、亲族や相恋的人のために苦界に身を沈める女郎の、自身犠牲の物語と受けとめた。
その分、最後二遍のSF的解釈(因果律の組み替えなど)がやや弱く、
SF作品としての感動とは別のものが残った。

堀晃 – Wikipedia
(ほり あきら、1944年6月21日 – )は、日本の作家、SF作家。

生日:

剧场版のより一层の飞跃と、ほむほむとキュウべえの剧伴の更なるご活跃を心より、お祈りします、特にブラッシュアップされたキュゥべえがひたすら楽しみです。

冲方丁(1977生)

『まどか☆マギカ』においては、定型ジャンルの方程式を前提としつつ、常にそれを裏切ることで期望感を確保しつつ、衝撃的な真実の揭露においてSFガジェットをふんだんに盛り込み、個人と世界の救済を等価値に設定するアニメらしさを失わず、冒頭からの「願い事」といキーワードを巧みに織り込み、ラストでカタストロフをもたらす存在を、カタルシスをもたらす存在へと変貌させる、変調構成にきわめて優れていたと感じます。
しかし個人的には、「神」をいかに語るかという点で、「概念」「シフト」といった別の言葉への置き換えが目立ったと感じました。

冲方丁 – Wikipedia
(うぶかた とう、一九七八年六月二日 –
)は、东瀛のライトノベル作家、SF小说家、コンピュータゲーム制小编、漫画最早的著笔者、アニメ制笔者である。

生肖:

代表作:『黒い家』

豊田有恒(1940生)

『法力女郎まどか☆マギカ』
アニメの創成期に、『エイトマン』『鉄腕アトム』など、多くのSFアニメのオリジナル脚本を執筆した選者だが、四十六歳にして、いまさら女郎アニメと、感性が合うものかどうか、はなはだ疑問だった。
ところが、そんな疑問は、見はじめたとたんに、消しとんだ。
多くの魔法テーマのアニメを見ているが、一ひねりも二ひねりもしてあり、あっという間に十二話、すべて面白く観られた。
ただ、九話目になって、はじめてSFになる。
最後は壮絶である。後味が良くないのは、時代の風潮なのだろう。

豊田有恒 – Wikipedia
(とよた ありつね、一九三四年三月七日 –
)は、东瀛の散文家。SF小说家、推理作家、翻訳家、脚本家、評論家。

代表小说:

石野真子、しょこたん、佐藤かよ 辻真先

上面节选一些言三语四:

率先是社会职员的批评:(第贰个体的话又是针对性隐喻的w)


痞子(庵野秀明):いいですよね。キュゥべえ。口パクも消灭し暗号としてのキャラクターとして、透顶されていて気持ちいいですね。魔女の暗号化とかも巧いですね。あと、いいですよね、音楽。営业のテーマなど好きな3曲の剧伴欲しさにブルーレイ2巻は买いました。それといいですよね、第10话。ほむほむの描き方がよかったです。アニメ作品の発表形态として、テレビでなく剧场シリーズという新たな形がこの先、定着していくといいなと考えています。期望してます。

代表作:『マルドゥック・スクランブル』『蒼穹のファフナー』『シュヴァリエ』『ヒロイック・エイジ』『天地明察』

貴志祐介(一九六〇生)

今回、最も頭を抱えた小说が、『魔法青娥まどか☆マギカ』だった。
アニメーションに関する知識が乏しいために、先行小说との比較や、技術的な評価が難しかったからである。
しかし、『鉄腕アトム』など扶桑のアニメーションの草創期に脚本を書かれた豊田有恒さんと、現在のアニメに詳しい冲方丁さんに、大いに助けてもらった。

法力青娥ものというジャンルがあることを初めて知ったが、その枠組みを裏切るダークな展開と、異世界での戦闘に現代絵画のような表現を用いたのは面白かった。
残念ながらSF大賞の選は漏れたが、すでにカルト的な人気を博している作品であり、いささかも、その評価を貶めるものではないだろう。

貴志祐介 – Wikipedia
(きし ゆうすけ、男子、1957年 –
)は、山梨县出身の小説家、ホラー小説小说家。

献花 0

代表作:『SF街道四个人旅』『エネルギー救出作戦』『マッドサイエンス入門』『漂着物体X』

宮部みゆき(1960生)

十一話で構成されているアニメーション『法力女郎まどか☆マギカ』は、お預かりしたときには戸惑いました。
小姐だった時期は遥かに昔、八十路に入って、しかもアニメ文章には疎いこの私が、今さら法力青娥についていかれるものだろうか。

いざDVDを観始めたら、そんな戸惑いは吹っ飛んでしまいました。
影像のクオリティに驚き、生机勃勃話目で早々と登場する〈法力の結界〉のイメージの奇抜さと美しさに目を瞠り、二話、三話と観続けるうちに、健気な法力女郎たちに魅了されてしまいました。
これから観る方のために細部を記せませんが、この小说はよき企みがあるミステリーとして幕を開け、それぞれに本人実現を希う女郎たちの友情物語として進行し、終盤でミステリーの謎解きのために用意されていたSF的思辨が透露されるという、実に贅沢な造りになっています。

選考会でも記者会見でも、私は「十后生可畏話と十九話でだだ泣きしました」と申し上げたのですが、後でチェックしてみたら、最先に泣けてしまったのは第七話でした。
それは別に、私がかつて不器用な少女であったからではありません。
「誰かの幸せを願った分、別の誰かを呪わずにいられない」。
作中で繰り返されるこの言葉は、見事に人間の業を言い当てています。
それが、年齢性別を問わず、観る者の心を揺さぶるのです。
今回、小説の方に桁違いの傑作があったことで損をしてしまいましたが、私には忘れがたい作品でした。

宮部みゆき – Wikipedia
(みやべ みゆき、1960年12月23日 – )は、日本の小説家。
代表作:『パーフェクト・ブルー』『模倣犯』『ブレイブ・ストーリー』『楽園』



反之,顶牛madoka的正统声音却非常少,除了富野那很暖昧的开心怎么小圆获得文化厅奖的话(并且下一个月他就收了一本《白貌魔道师》去看),小编能来看的也唯有大友克洋和木村拓哉纪的商议了,前面一个的话还会有可取之处,后面一个那时候那不知该笑还是该哭的立足点(FRACTALE轶事原案),以至“clannad是黄油界no.1”那样的解说,再增进FRACTALE事件时的显示,让人很难令人不质疑其动机。

下边是大友克洋的评价:

・演出と音楽は一级品、でも作画でおかしい所ありすぎ
・ほむらの颜アップに吹いた、アレは酷い
・脚本も「オタクを欝にしてやろう」って悪意丸出しなのは结构、でもそれも中途半端
绿や上条とかもっとうまく使えただろ、尺が足りなくてスポイルしたのが丸见え

性别:

绿毛和上条的戏份不足确实是一个小缺憾以至实际,不过搭配上上一句的台本中途半段,越来越多的是令人以为她无话可说的痛感呢-

================================================

简单来说小编认为自个儿意气风发度列出了十足论据,于是就好像此甘休了。再一次重申最初所说的话,然后各位能够就周到性,真实性提议疑问,可是针对楼主发帖的用意,那些人的等级次序等等的话依旧免了,希望未有不看内容就来蹚浑水的大神吧w

冲方丁

  此文未有用“专门的工作职员”之名来炫人眼目之意图,更不曾所谓“你们算个毛敢跟那一个人比么”的无聊无力的论调,只纯粹针对现在比较流行的一个见识:“madoka大器晚成作只在未有知识的宅男圈受到爱怜,而无法登上海南大学学雅之堂,更别说和那个‘埋没的杰作’相比较”来打脸,注明这几个小说的影响力。

血型:

职 业:

体重:

水瓶座

星座: